English

大學共同利用機関法人 自然科學研究機構

基礎生物學研究所

研究部門?施設

名譽教授

研究教育職員

大隅 良典

名譽教授 大隅 良典

研究の概要

現在:
一般財団法人 大隅基礎科学創成財団 理事長

_____

自然界において、生命は常に栄養枯渇の危険性に曬されており、飢餓環境下にいかに生き延びるかは、極めて重要な問題である。オートファジー(自食作用)はそのような生存戦略の1つである。細胞は外界からの栄養の供給が絶たれても、オートファジーを介して自己の細胞質やオルガネラを積極的に分解し、その分解産物をリサイクルすることで飢えを淩ぐことができる。また最近、オートファジーは大規模な分解系として、細胞內の浄化や、細胞內に侵入してきた病原性細菌の駆除など、生命活動の様々な局面で重要な役割を果たしていることが明らかとなりつつある。我々は、出芽酵母をモデル生物とし、オートファジーのメカニズムを分子レベルで理解することを目指して、研究を進めている。(2008年度當時のものです)

_____

年表

1996年 Annual Report 1996

4月 大隅良典教授 著任。

研究スペース10部屋分(384㎡)が配分された。また教授の元に、助教授1?助手2?博士研究員1?技官1のポストが配置され、新たな研究部門の立ち上げが開始された。

野田健司博士 助手として着任、壁谷幸子技官 配属。前任の東京大学の大隅研大學院生は特別共同利用研究員として引き続き大隅研に参加(5名)。

7月 吉森保博士 助教授として著任。

10月 鎌田芳彰博士 助手として着任。大隅良典教授 総合研究大學院大学 生命科学研究科 教授を併任。

 

ohsumi_photo.jpg 1996年著任當時

___

1997年 Annual Report 1997

6月 水島昇博士 日本學術振興會特別研究員として大隅研に參加。

11月 世界で初めてのオートファジーに関する國際會議を岡崎にて開催。

AUT_Int_mtg_Okazaki_1997_small.jpg

 

基礎生物學研究所 創立20周年記念誌 大隅良典教授による研究室紹介 PDF

___

1998年 Annual Report 1998

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに1名の院生が大隅研に参加。また、特別共同利用研究員1名が総研大に進学。

 

Noda, T. and Ohsumi, Y. (1998). Tor, a phosphatidylinositol kinase homologue, controls autophagy in yeast. J. Biol. Chern. 273, 3963-3966.

 

Mizushima, N., Noda, T., Yoshimori, T., Tanaka, T., Ishii, T., Gerge, M. D., Klionsky, D. J., Ohsumi, M., and Ohsumi, Y. (1998). A novel protein conjugation system essential for autophagy. Nature 395, 395-398. ←ノーベル賞受賞理由のKey publications 4報のうちの1報

___

1999年 Annual Report 1999

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに4名の院生が大隅研に参加。

 

Kirisako, T., Baba, M., Ishihara, N., Miyazawa, K., Ohsumi, M., Yoshimori, T., Noda, T. and Ohsumi, Y. (1999). Formation process of autophagosome is traced with Apg8/Aut7p in yeast. J Cell Bioi. 147, 435-446. 

___

2000年 Annual Report 2000

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに3名の院生が大隅研に参加。

 

Kabeya, Y., Mizushima, N., Ueno, T., Yamamoto, A., Kirisako, T., Noda, T., Kominami, E., Ohsumi, Y., Yoshimori, T. (2000). LC3, a mammalian homologue of yeast Apg8p, is localized in autophagosome membranes after processing. EMBO J. 19, 5720-5728.  ←本論文への引用は4000を超えている

 

Ichimura, Y., Kirisako, T., Takao, T., Satomi, Y., Shimonishi, Y., Ishihara, N., Mizushima, N., Tanida, I., Kiminami, E., Noda, T., and Ohsumi, Y. (2000). Ubiquitination-like system mediates novel protein lipidation, Nature 408, 488-492.  ←ノーベル賞受賞理由のKey publications 4報のうちの1報 第一?第二著者は総研大大學院生。

___

2001年 Annual Report 2001

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに1名の院生が大隅研に参加。

 

Kihara, A., Noda, T., Ishihara, N. and Ohsumi, Y. (2001). Two distinct Vps34 phosphatidylinositol 3-kinase complexes function in autophagy and carboxypeptidase Y sorting in Saccharomyces cerevisiae. J. Cell. Biol. 152, 519-530. 

 

Suzuki, K., Kirisako, T., Kamada, Y., Mizushima, N., Noda, T. and Ohsumi, Y. (2001). The preautophagosomal structure organized by concerted functions of APG genes is essential for autophagosome formation. EMBO. J. 20,5971-5981. 

 

openhouse_2001_DSCF0078.jpg 2001年の一般公開での大隅研の様子

___

2002年 Annual Report 2002

3月 吉森保博士 國立遺伝學研究所に教授として転出。

4月 水島昇博士 助手に著任。

 

Hanaoka, H., Noda, T., Shirano, Y., Kato, T., Hayashi, H., Shibata, D., Tabata, S., Ohsumi, Y. (2002). Leaf senescence and starvation-induced chlorosis are accelerated by the disruption of an Arabidopsis autophagy gene. Plant Physiol. 129, 1181-1193. 

 

Suzuki, K., Kamada, Y., Ohsumi, Y. (2002). Studies of cargo delivery to the vacuole mediated by autophagosomes in Saccharomyces cerevisiae. Dev. Cell 3, 815-824. 

___

2003年 Annual Report 2003

10月 鈴木邦律博士 助手に著任。

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに1名の院生が大隅研に参加。

 

2003_osumi_Lab.jpg 2003年の大隅研集合寫真

 

11月 第49回 NIBB Conference "Dynamic Vacuole in Plants"を開催。オーガナイザー 大隅良典。

nibbconf49.jpg

___

2004年 Annual Report 2004

3月 水島昇博士 東京都臨床醫學総合研究所に室長として転出。

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに1名の院生が大隅研に参加。

 

2004_osumi_Lab.jpg 2004年の大隅研集合寫真

 

6月 第19回基礎生物學研究所バイオサイエンストレーニングコース コースF「オートファジーのモニタリング方法」実施。

bio_sci_19.jpg

 

Ichimura,Y., Imamura,Y., Emoto, K., Umeda, M., Noda, T., and Ohsumi, Y. (2004). In vivo and in vitro reconstitution of Atg8 conjugation essential for autophagy. J. Biol. Chem., 279, 40584-40592.

 

Yoshimoto, K., Hanaoka, H., Sato, S., Kato, T., Tabata, S., Noda, T., and Ohsumi, Y.  (2004). Processing of ATG8s, ubiquitin-like proteins, and their deconjugation by ATG4s are essential for plant autophagy. Plant Cell, 16, 2967-2983.

___

2005年 Annual Report 2005

6月 大隅良典教授 藤原賞を受賞。

10月 中戸川仁博士 助教に著任。

 

2005_osumi_Lab.jpg 2005年の大隅研集合寫真

 

___

2006年 Annual Report 2006

1月 野田健司博士 大阪大學に助教授として転出。

2月 ノーベル化學賞受賞者アーロン?チカノーバー博士の講演會を岡崎にて開催。

2005_aaron.jpg

 

総合研究大學院大学生命科学研究科の大學院生として新たに1名の院生が大隅研に参加。

7月 大隅良典教授 日本學士院賞を受賞。

 

12月 The Fourth NIBB-EMBL Symposium "Biology of Protein Conjugation: Structure and Function"を開催(オーガナイザー 大隅良典?Winfried Weissenhorn)。

2006_EMBL.jpg

___

2007年 Annual Report 2007

基礎生物學研究所 創立30周年記念誌 大隅良典教授による研究室紹介 PDF

9月 大隅良典教授 日本植物学会学術賞を受賞。

 

2007_osumi_Lab.jpg 2007年の大隅研集合寫真

 

Suzuki, K., Kubota, Y., Sekito, T., and Ohsumi, Y. (2007). Hierarchy of Atg proteins in pre-autophagsomal structure organization. Genes Cells, 12, 209-218.

 

Nakatogawa, H., Ichimura, Y., and Ohsumi, Y. (2007). Atg8, a ubiquitinlike protein required for autophagosome formation, mediates membrane tethering and hemifusion. Cell, 130, 165-178.

___

2008年 Annual Report 2008

総合研究大學院大学 生命科学研究科長 を併任

2008_lab.jpg 研究室にて

___

2009年 Annual Report 2009

1月 大隅良典教授 朝日賞を受賞。

3月 大隅良典教授、中戸川仁助教、鈴木邦律助教、東京工業大學に転出。

2009_ohsumi.jpg 退職記念講演會にて

 

2009_ohsumi_tree.jpg 退職記念の植樹

 

4月 大隅良典先生 基礎生物學研究所 名譽教授?総合研究大學院大学 名譽教授に。

___

研究室関連資料

參考文獻

Suzuki, K., Kubota, Y., Sekito, T., and Ohsumi, Y. (2007). Hierarchy of Atg proteins in pre-autophagsomal structure organization. Genes Cells 12, 209-218.

Nakatogawa, H., Ichimura, Y., and Ohsumi, Y. (2007). Atg8, a ubiquitinlike protein required for autophagosome formation, mediates membrane tethering and hemifusion. Cell, 130, 165-178.

Ichimura, Y., Kirisako, T., Takao, T., Satomi, Y., Shimonishi, Y., Ishihara, N., Mizushima, N., Tanida, I., Kiminami, E., Noda, T., and Ohsumi, Y. (2000). Ubiquitination-like system mediates novel protein lipidation, Nature 408, 488-492.

Mizushima, N., Noda, T., Yoshimori, T., Tanaka, T., Ishii, T., Gerge, M. D., Klionsky, D. J., Ohsumi, M., and Ohsumi, Y. (1998). A novel protein conjugation system essential for autophagy. Nature 395, 395-398.

Takeshige, K., Baba, M., Tsuboi, S., Noda, T., and Ohsumi, Y. (1992). Autophagy in yeast demonstrated with proteinase-deficient mutants and its conditions for induction. J. Cell Biol. 119, 301-311.